GMOインターネット株式会社

 

代表メッセージ

代表メッセージ

すべての人にインターネット

1995年にインターネット事業を開始してから、東証一部に上場させていただいた現在まで、私達が一貫して言い続けて来たコーポレートフィロソフィーキャッチです。インターネットの普及により、経済や企業経営、そして人々のライフスタイルが新たな局面を迎え、変革を迫られている現状では、インターネットへの取り組みの重要性が更に高まります。
すなわち、個人・法人いずれの立場でも、インターネットへの取り組みのスピードが勝敗や成否を決めると言っても過言では無いでしょう。その中で私達は、すべての人が求める「インターネット」に関するソリューションを、独自のサービス・技術を通じて構築し、社会に貢献するインフラ・サービスインフラ(「インターネットの “場”」)の事業を提供し、結果として「インターネットを広めること」こそが私達のミッションと考えております。
一人でも多くの人にインターネットを体験してもらいたい

1995年にはじめた「アクセス事業(インターネット接続サービス)」が軌道に乗りはじめた1997年、私は次に手掛けるべき商材を探しにシリコンバレーに行きました。そこで出合った商材が、「レンタルサーバー事業」と「ドメイン登録事業」だったのです。

当時国内では、レンタルサーバーの値段は月額10万円以上と高価で、かつ専門用語が理解でき、ある程度技術が分らないと利用が難しいサービスがほとんどでした。
また、ドメイン登録も初期費用が数万円〜数十万円、ドメインの維持という名目で更に月額数万円も顧客に請求している事業者がほとんどでした。どちらも一般の方には、非常に「高額で難解」なサービスだったのです。帰国後直ちに「安価で簡単」というコンセプトでレンタルサーバーの開発を行い、サービスをスタートしました。価格を相場より劇的に下げ、ドメインについては、サーバーをご利用いただく場合には(おそらく世界で初めて)無料でサービスしました。
お客様には専門用語を使わず、誰にでも「独自ドメイン」のホームページを簡単にもてるようにしたのです。目論見が当たり、大ヒット。結果として数千社の法人にご利用いただくようになりました。現在では、GMOインターネットグループのレンタルサーバーは約40万の企業や個人の皆様にご利用いただいており、日本最大のレンタルサーバーの会社になりました。

その後、インターネットの管理団体「ICANN」が世界各地で会合を開くたびにボランティアで当社の役員を派遣しました。
その功績が認められ、1999年4月には、ICANNよりアジア圏および日本で当時唯一の公式ドメイン名登録機関(レジストラ)に選出されました。そして、「お名前.com」というサービス名で公式ドメイン登録事業をスタート。
数万〜数十万していたドメインの登録料金を劇的に下げ、また英語や専門用語のために分りにくかったサービスを誰にでも手軽に登録できるようにした結果、「.com」などのgTLDについては、日本で1位、「.jp」については世界で1位の登録数になりました。このように次々とリーズナブルで良質な商品をユーザー様に提供してまいりました。

現在において、これら商品群の価格は業界の適正価格となり、日本のインターネットの健全な発展に寄与してまいりました。
代表取締役会長兼社長 グループ代表
               熊谷 正寿


【クマガイコム】GMOインターネット社長
 熊谷正寿のブログ
http://www.kumagai.com/
前に戻る

サイトトップ
会社概要
新着情報

▲ページのトップへ
(c) GMOインターネット株式会社
Powered by GMO Internet Group